活動アルバム (1991年~2000年)

1991年

1991年12月30日

奥多摩・養沢~御岳山~日の出山~金比羅尾根ATB山行

この頃の遠出はほとんど「ヤマ」でした。

アイスバーンの奥多摩・御岳山へ。


1992年

1992年1月3日、登りルート100%乗車の後、高麗峠で





実は、、、写真向かって右の木の枝にカワセミがいるんですが、、、。

(1992年1月3日、高麗川河原ドレミファ橋付近で)


1993年

1993年3月7日

高尾山ATB山行

この山行の前にバイカーとハイカーの間で接触事故などのトラブルがあって、この山行の直後、高尾山への自転車持込は禁止になりました。

マナーが悪いとルールが厳しくなる。厳しくなったルールはなかなか緩まない。そんな代表例です。

この日出会ったハイカーからは非難されなかったことが、より一層の口惜しさに感じます。

1993年4月14日

第1回花見会

1993年4月14日、定峯峠への登り:横瀬側


1996年

1996年8月14日

黒山三滝ツーリング

黒山三滝直下分岐で


1997年

1997年6月1日

館林・茂林寺ツーリング

ぶんぶく茶釜で有名なお寺です。

暑い日で、昼食のラーメン店の水が非常に美味しかった記憶があります。

帰路は武蔵大橋(利根大堰)を通ってきました。

1997年7月6日

第1回磐梯吾妻スカイライン走行ツーリング宿泊地に着いたのが走行当日の午前2時という、極めて厳しい条件下でのチャレンジでした。

天候によるものとはいえ、失敗して当然の予定ということになるでしょう。蒸し暑い日の続く関東地方から避暑しに行った感じです(苦笑)。

1997年9月7日

AMBクラブ OHmaki

オリジナルプリント

半袖ジャージ

完成記念写真撮影

折角だからということで写真屋さんに撮影してもらいました。

1997年10月12日

第9回I.C.C.(ツール・ド・秩父)参加記念

写真の3名のうち、写真向かって右から2名はサポートで、ペースメーカの役割を担っていたはずなんですが、コース上でエースを見失い3名各々の走りをしてしまいました。

その失敗がまた次回の正規参加につながる訳で。


1998年

1998年1月1日

第1回初日の出ツーリング

茨城、千葉県境の芽吹大橋へ、初の初日の出ツーリング。

猛烈に寒かった<<<(>_<)>>>ですが、きれいな日の出でした。

1998年5月10日

首都高速大宮線開通記念一般開放イヴェント

AMBクラブ OHmakiだけでなく、埼玉県サイクリング協会(SCA)の呼びかけでかなりのサイクリストが走りました。他、歩行者などの人出も多く、盛況というよりはパニックに近い状態でした。

1998年6月21日

サイクルフェスタIN川口 於:川口オートレース場

2時間耐久レースというものに、始めてチャレンジしてみました。あ~こりゃトレーニングの方法がまるで違うわ。いい勉強になりました。

chiefambco(写真向かって左から2番目)は、このあと5日間の北海道旅行へ赴くという強行スケジュールでした。

1998年7月20日

第2回磐梯吾妻スカイライン走行ツーリング

昨年の第1回磐梯吾妻スカイライン走行ツーリングは天候に恵まれなかったので、好天のこの日は気合い十分。

下界では好天でも山上は悪天。最高標高ポイント直下では寒く雲の中で視程最悪。それでも少し下ればこの景色。全線走破に成功しましたが、西側の風景は望めず残念でした(次回開催の理由になる(笑))。

1998年8月16日

渡良瀬遊水池ツーリング

毎週日曜恒例の「朝練」後、渡良瀬遊水池に行きました。遊水池内の所によって雨が降っている珍しい天気の日でした。

1998年10月11日

第10回I.C.C.(ツール・ド・秩父)大会

開催地が遠く、前日車検なので、クラブ参加に二の足を踏み続けてきたこの大会にようやく参加。

1998年11月15日

レインボータウンサイクリング試走会

将来的にはニューヨークバイクランのような大会にしたいとの、東京サイクリング協会(TCA)の呼びかけに呼応。新木場、有明地域の思いがけないサイクリングコースの多さに感動。

ただしレインボーブリッジが自転車を押しても通れなかったのには落胆。歩行者が通るだけでも¥300の通行料を取るのに。本大会までに折り合いを着けられて、いい大会になるといいなぁ。


1999年

1999年1月1日

第2回初日の出ツーリング

茨城、千葉県境の芽吹大橋へ行きました。雲のない素晴らしいご来光でした。

1999年1月3日

1999朝練走り初め

「朝練」と呼んでいるクラブランも今年で4年目。新年早朝早々にもかかわらずかなり盛況で、3本締めをする。

1999年1月10日

SCA新春サイクリング集合写真。多摩湖堰堤上で

1999年4月4日

1999年花見会。見沼氷川公園で

1999年5月30日

第1回親子ふれあいサイクリング

[西武園競輪場]

1999年6月13日

サイクルフェスタIN川口

[川口オートレース場]

1999年7月18日

160回目の「朝練」後、クラブランへ。撮影者のマルオ(三浦 敏之)氏は、この日が「朝練」初参加。この後降雨のため、菖蒲町役場までで帰路へ。

前列左より、古沢、村上、下鳥、浅香、竹内の各氏。後列左より、石川、若林、鈴木(美)、1人おいて細野の各氏。後列右より2人目は、鷲津

1999年9月5日

2着目のクラブジャージ完成記念写真撮影。雨上がりの肌寒い濃霧の日で、撮影は危ぶまれたが、逆に雰囲気のある画になったのかな?ちゃんと申し合わせをしなかったが、ご覧の通りの着用率。この後SCAラリーに参加のためもあって、出席率も良好。

前列左より、浅香、鈴木(功)、清水、熊木、下鳥、石川、細野の各氏。中列左より、西岡、熊野、川口、河合、鎌田、鈴木(美)の各氏。後列左より、金子、1人おいて猪俣、丸山の各氏。後列左より2人目は、鷲津

1999年9月5日

第41回SCAラリー

クラブジャージ撮影の時には肌寒かったが、この公園に着いた頃から蒸し暑くなった。日中になる程良い日和になり、約30名が江戸川左岸自転車道などをサイクリングした。

SCAラリー集合前、越谷市定使野橋たもとの公園にて。

1999年9月11日

第2弾クラブジャージ完成記念祝宴

あまり宴会ばかりのサイクリングクラブでも…そう思われるのも困るので、恐る恐る企画を出してみたら「Go!」サイン。急遽自転車店近くの喫茶店に席を設けて、盛り上がる。

1999年10月10日

平成11年度浦和市民体育祭&浦和市民サイクリング

毎年10月10日(体育の日)に行われている。まずは駒場スタジアムでの、入場行進と開会式に参列。11:30から市民サイクリングに移行した。コースは毎年見沼田んぼを走っているが、今回はAMBクラブ OHmakiが主管クラブ。出発時間の関係で、予定の逆コースでサイクリングを楽しんだ。果たして来年からの日程は、どうなるのだろう?

1999年10月30日

峰岸氏案内サイクリング

特定の個人を案内したサイクリングではなく、AMBクラブ OHmakiでは、まずは足慣らしや、皆で走る楽しみを味わってもらってから、入会を考えてもらうようにしている。この日ご案内した峰岸氏も、ご自分の健康維持のためにサイクリングをお続けになるとのこと。コースは、大牧~蓮田市閏戸の久伊豆神社までを見沼ヘルシーロードで往復した。

写真向かって右より、石川、竹内、瀬戸、下鳥、浅香、峰岸の各氏。左端は鷲津。


2000年

2000年1月1日

第3回初日の出ツーリング今までで一番温かな朝だった。毎回参加者が増えていて、今回は13名が参加した。今年もご来光を拝むことができた。

茨城県岩井市・千葉県野田市境、芽吹大橋にて。

前列向かって左端、ワンズヴィクトリーの鈴木務氏。前列中より、浅香、下鳥の各氏。中列向かって左より、若林、鎌田、川口、猪俣の各氏。後列向かって左より、鈴木 美男、鈴木 、瀬戸、細野、石川の各氏。

2000年5月28日

第2回親子ふれあいサイクリング

昨年から始まった、競輪場を主会場とするファミリー参加型サイクリングイヴェント。今年は、朝方までもの凄い「メイストーム」。主会場の西武園競輪場までの自走を取り止め、自転車は車載をお願いし、本人は珍しく電車で。その天候も現場に着く頃には五月晴れに。風は強かったものの晴天に恵まれ、思ったよりも参加辞退者も少なかった。

2000年7月2日

第42回埼玉県サイクリングラリー

42thscar_2.jpg

埼玉県内サイクリスト交流の場として開催されている、通称SCAラリー。今回はAMBクラブ OHmakiが主管した。梅雨真っ最中にしては晴天に恵まれたが、帰路には雷雨に遭遇した。少々長めの距離、旧跡巡り、花、日射し、雷、大勢の人の輪と、盛りだくさんな一日だった。ご参加およびご協力くださったメンバーには、厚く感謝しています。